ヒゲ脱毛

ヒゲ脱毛後にお風呂に入ってみた。

メンズ脱毛店「レイロール 」で、施術後の入浴は控えてくださいと説明されました。

その掟を破り、僕自身レイロールで脱毛した後にお風呂に入ってみましたので、その結果をお伝えしたいと思います。

今回の体験は、実験ですので基本的には真似しないでくださいね。



 

 

ヒゲ脱毛後にお風呂に入った結果

結論から言うと、全く問題ありませんでした。

肌がヒリヒリするとか、炎症がひどくなるといったこともありませんでした。よかったです。

しかし、敏感肌の方や乾燥肌の方は控えたほうがいいかもしれません。

なぜなら、ヒゲ脱毛後は「肌がダメージを受けている」んです。

人によっては、肌の炎症が長引いてしまう原因になってしまうかもしれません。

 

脱毛当日のお風呂はNG!

メンズ脱毛では、ヒゲ脱毛直後の入浴は禁止しています。(医療脱毛の場合も)

僕としては、施術後は嫌な汗をかいてしまうのでゆっくりと湯船に浸かりたいんですけどね。

脱毛後に湯船に浸かるのはNGな理由は、次のようなことがあります。

 

入浴することで体温が上がる

ヒゲ脱毛後は、肌がダメージを受けている状態です。高温でひげを焼いていくので、肌は軽いやけどのような状態になってしまうんです。

これは、あまり痛みを感じない場合でも同じで、お肌は確実に刺激を受けています。

ヒゲ脱毛直後は、人によっては肌が赤くなったり、肌荒れしたりといった症状があるようです。

ちなみに僕はなりませんでした。

そして、皮膚の体温が上がると、血管が拡張し血流がよくなります。

体温上昇は、皮膚の炎症を悪化させる要因になるのです。

ヒゲ脱毛後に湯船に浸かることは、良くないとされています。

他にも、飲酒や運動は体温上昇を促し、肌の赤みや炎症を悪化させてしまうんですね。

とにかく、ヒゲ脱毛した後は体温を上げるような行為はやめてくれということです。

懸念していた、お風呂に入ったことで、ヒゲ脱毛の効果がなくなるわけではありませんでした。

脱毛の効果がリセットされるんじゃないけど、肌が弱ってるから、通常の肌状態に戻るまで入浴は待っててねってことです。

 

ヒゲ脱毛後にお風呂に入れるのは、いつから?

ヒゲ脱毛後にお風呂に入れるのは、施術後の翌日からです。

しかし、敏感肌や肌の炎症がひかない場合には、湯船に浸かることは控えた方が良いでしょう。

自分の肌状態の様子を見て判断するといいですね。

 

脱毛直後は、肌バリアが弱っている状態

ヒゲ脱毛直後は、肌バリアが弱っています。

そのため、雑菌が侵入しやすく毛嚢炎(もうのうえん)やニキビなどの肌トラブルになりやすい状態です。

脱毛直後は、いつもより肌が弱っていることを意識することが大切です。

入浴しながら、肌を擦(こす)るなどの行為は絶対に控えてください。肌を傷つけるだけです。

さらに、脱毛後のお風呂上がりは、肌バリアが弱っているため、いつもより乾燥しやすく肌がバリバリになってしまうことも。

たとえ、湯船に浸からずとも保湿はしっかりとしましょう。