どーも!ともやんです。

芳根京子さんが話題なので、くわしく調べてまとめてみました。

 

芳根京子、出身高校での部活は何?学生時代かかっていた難病とは

 

  • 芳根京子の出身高校はどこ?
  • 部活はしていたの?
  • 難病にかかっていたってほんと?

 

そのあたり紹介していきます!
是非最後までご覧ください。

 

 

芳根京子のプロフィールを紹介!

 

まずは、芳根京子さんのプロフィールについておさらいしましょう!

芳根京子のプロフィール
芳根京子、出身高校での部活は何?学生時代かかっていた難病とは
生年月日 1997年2月28日
出生地 東京都
身長 159 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・CM・舞台
活動期間 2013年 -
事務所 ジャパン・ミュージックエンターテインメント

 

芳根京子さんは演技力がとんでもなく評価されている超実力派の女優さんです。

可愛らしいルックスもあり、NHKのドラマなど数多の作品に引っ張りだこですね!

うらやましい!

 

芳根京子の経歴をおさらい!

 

次に経歴について紹介します!

芳根京子の経歴

芳根京子、出身高校での部活は何?学生時代かかっていた難病とは

 

 

  • 中学2年生でギラン・バレー症候群を発症。1年ほど学校に通うことにも難儀したがその後克服する。
  • 都立高校1年生のとき、友達に誘われて行った遊助(所属事務所の先輩にあたる)のライブ会場でスカウトされ芸能界入り。その後、通信制高校に転校
  • 2013年にフジテレビ系ドラマ『ラスト♡シンデレラ』で女優デビュー。このドラマで主演を務めた篠原涼子(事務所の先輩にあたる)を憧れの人として挙げている。
  • 2014年、福島・東京で行われたオーディションで選ばれ、映画『物置のピアノ』で映画初出演にして初主演。同年、NHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』で朝ドラデビューする。花子の親友である蓮子(仲間由紀恵)の娘役を演じた。
  • 2015年、本広克行監督による青春映画『幕が上がる』に出演。同年には、キャストオーディションで1000人以上の参加者の中から選ばれ、TBS系ドラマ『表参道高校合唱部!』の香川真琴役でドラマ初主演を務めた。
  • 2016年度の後期のNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』ではヒロインとして出演。
  • 2018年の月9ドラマ『海月姫』において、朝ドラ終了後初主演。
  • 2018年公開映画で、土屋太鳳とダブル主演を務めた『累 -かさね-』と、『散り椿』での演技が評価され、第42回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞。

 

ここで出身高校についてのヒントがあらわれました!

都立高校に通い、その後、通信制高校に転校している…

早速、次で出身高校について紹介します!

 

芳根京子の出身高校など学歴を紹介!

 

さて、芳根京子さんの出身高校など学歴を紹介していきます。

芳根京子さんは大学に進学していません。

2015年3月8日投稿の公式ブログに大学には進学しないことを掲載していることから、芸能界に専念することにしました。

❝わたしはね、大学へ進学はしません!お料理の専門学校も行きません!❞
引用元:【高校卒業しました。(芳根京子のキョウコノゴロ)】

料理の専門学校に行くつもりだったのは、良き妻、良き母親になるためであって、料理人になりたいわけではなかったようです笑

 

芳根京子さんは2012年4月に都立深沢高等学校へ入学。

2013年4月に東海大付属望星高等学校に転校し、2015年3月に卒業しています。

芳根京子さんが深沢高校に在籍していたことは、同校に通っていたことをつぶやいている投稿があることと、同校の制服を着ている画像があることから間違いないでしょう。

芳根京子、出身高校での部活は何?学生時代かかっていた難病とは?

芳根京子、出身高校での部活は何?学生時代かかっていた難病とは?

【深沢高校制服参考画像】

芳根京子、出身高校での部活は何?学生時代かかっていた難病とは?

 

芳根京子さんが東海大付属望星高校に転校したことは、公式ブログで通信制の高校に転校したことが掲載されていることと、卒業式の画像に❝TOKAI❞という文字があること、同校と卒業式の日が同じだったことから間違いないでしょう。

❝通信高校に行っても都立高校の友達との関係は深まったり、新しい学校でもすごく素敵な友達に恵まれて月2回のスクーリングが楽しくてたまらなくて❞
引用元:【高校卒業しました。(芳根京子のキョウコノゴロ)】

芳根京子、出身高校での部活は何?学生時代かかっていた難病とは?

芳根京子、出身高校での部活は何?学生時代かかっていた難病とは?

 

【東海大付属望星高校ホームページ】

芳根京子、出身高校での部活は何?学生時代かかっていた難病とは?

東海大付属望星高校に転校した理由は、深沢高校の校則が厳しくて出席日数でさえもクリアできないと感じだからでした。

❝出席日数などが厳しいので、その事を考えるのだけでも大変で(T_T)❞
引用元:【芳根京子のキョウコノゴロ】

転校しても深沢高校の友達とは仲が良く、文化祭にも遊びに行くほどだったんですよ。わずか1年間の在学でしたが、大活躍したことが仲の良さにつながっているようです。

 

芳根京子の学生時代の部活は?

 

芳根京子さんが部活をしていたか調べたところ、それは中学の頃だということが分かりました!

2009年4月に杉並区立中瀬中学校へ入学し、2012年3月に卒業しています。

 

芳根京子さんが中瀬中学校出身であることは、芳根京子さんと同じ中学校だとつぶやいている人のプロフィール欄に同校の名前が掲載されていることから間違いないでしょう。

 

 

芳根京子さんの中学時代に着ていた体操服が同校のものと同じであることも、中瀬中学校出身であることになりますね。

芳根京子、出身高校での部活は何?学生時代かかっていた難病とは?

【中瀬中学校体操服参考画像】

芳根京子、出身高校での部活は何?学生時代かかっていた難病とは?

 

ここで、フルートの先輩というツイートがあったことから、吹奏楽部で活動していたことがわかります。

チューバやピッコロも担当することがあったんだとか。

更に幼稚園からピアノを習っていたためピアノも流暢に弾くことができます。

才能に恵まれていますね。

 

しかし、芳根京子さん。

中学時代は楽しかっただけではありませんでした。

どうやら、難病を患っていたそうなんです。

次で紹介していきます!

 

芳根京子がかかっていた難病があるってホント?

 

2016年4月6日発信の『Drama&Movie』によると、芳根京子さんは中学2年生の時にギランバレー症候群を患い、1年間は学校に行くのもままならないほどでした。

❝中学二年生の時に「ギランバレー症候群」という難病を患い「力が入らなくなる」症状に悩み「1年間くらいは普通に学校に通うことが難しい時期はありました」という。ギランバレー症候群とは、筋肉を動かす運動神経が傷害されて、両手両足に力が入らなくなる病気。❞
引用元:【朝ドラ新ヒロイン・芳根京子、難病乗り越え“大役”つかむ(Drama&Movie)】

 

闘病生活は大変だったはずで足に力が入らない時期があったにもかかわらず、病気を克服して中学3年生には持久走で学年トップになったんです!きっとリハビリを頑張ったからこそ、勝ち得た結果でしょうね。

 

十分に運動もできない状態から約一年で学年トップの持久力になるってどういうこと笑

率直な私の抱いた印象です。

芳根京子さんは、音楽に精通し、運動もできる。

難病も克服するメンタルを持っている。

最強!

とんでもない才能と魅力にあふれた芳根京子さん、これからの活躍も期待ですね!

 

芳根京子、出身高校での部活は何?学生時代かかっていた難病とは? まとめ

 

以上、今回は「芳根京子、出身高校での部活は何?学生時代かかっていた難病とは?」についてまとめてみました。

 

芳根京子さんは2012年4月に都立深沢高等学校へ入学。

2013年4月に東海大付属望星高等学校に転校し、2015年3月に卒業しています。

2009年4月に杉並区立中瀬中学校へ入学し、2012年3月に卒業しています。

中学時代には吹奏楽部に所属していることが分かっています。

また、中学2年生の時にギランバレー症候群を患い、1年間は学校に行くのもままならないほどでした。

中学三年生の頃には難病も克服し学校生活に復帰していました。

 

いかがでしたか?

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事