どーも!ともやんです。

TWICEが相変わらず話題なので、くわしく調べてまとめてみました。

 

TWICEがアメリカで人気の理由は?Feel specialの大ヒットはなぜ?

 

  • アメリカで人気が出始めたのはなぜ?
  • Feel specialが関係してる?
  • なぜヒットしてるの?

 

そのあたり紹介していきます!
是非最後までご覧ください。

 

 

TWICEのプロフィールを紹介!

 

まずは、TWICEのプロフィールについておさらいしましょう!

TWICEのプロフィール
TWICEがアメリカで人気の理由は?Feel specialの大ヒットはなぜ?
  • ジャンル K-POP
  • 活動期間 2015年 -
  • レーベル 韓国 Dreamus、日本 Warner Music Japan、アメリカ Republic Records
  • 事務所 JYPエンターテインメント
  • 共同作業者 パク・ジニョン
  • メンバー
    ナヨン
    ジョンヨン
    モモ
    サナ
    ジヒョ
    ミナ
    ダヒョン
    チェヨン
    ツウィ

 

JYPのオーディションで多国籍グループとしてデビューしましたね!

え、私?モモが好きです!←聞いてねえ~よ!笑

 

TWICEの経歴をおさらい!

 

次に経歴について紹介します!

TWICEの経歴

TWICEがアメリカで人気の理由は?Feel specialの大ヒットはなぜ?

 

 

JYPエンターテインメントからmiss A以来5年ぶりのガールズグループとして、2015年10月20日にミニアルバム『THE STORY BEGINS』でデビュー。

同年に韓国の音楽専門チャンネルMnetで放送されたサバイバルオーディション番組『SIXTEEN』にて選出された9人のメンバーによって構成されている。

そのうち、ナヨン、ジョンヨン、ジヒョ、ダヒョン、チェヨンの5人が韓国人、モモ、サナ、ミナの3人が日本人、ツウィが台湾人である。

ファンクラブ名「ONCE」は、『一度貰った愛を二倍にして返す』という想いに由来している。

また、キャッチフレーズである「ONE IN A MILLION」には、『百万に一つのグループ』という意味が込められている。

2016年発売の楽曲「CHEER UP」が大ヒットし、ゴールデンディスク賞大賞やMnet Asian Music Awardsの今年の歌賞など多くの音楽賞を受賞。

2017年と2018年にもそれぞれ、「SIGNAL」と「What is Love?」で今年の歌賞を獲得し、3年連続受賞の快挙を果たした。

2019年には、世界16都市25公演のワールドツアー「TWICE WORLD TOUR 2019 'TWICELIGHTS'」を成功させた。

同年発売の8thミニアルバム『Feel Special』がリリース初週で販売枚数約15万4000枚を達成し、ガールズグループ史上歴代最高の販売枚数を記録した。

日本では2017年6月28日、ベストアルバム『#TWICE』でデビュー。以降、日本で発売した10作品連続で日本レコード協会によるプラチナ認定を受けている。

2018年、日本3rdシングル「Wake me up」で第60回日本レコード大賞優秀作品賞を受賞した。

 

現在でもヒット曲を量産している大人気グループですよね。

そんなTWICEがアメリカでも人気が出てきています。

そのきっかけや人気っぷりを紹介していきます!

 

TWICEのアメリカ人気がどれほどのものか紹介!

TWICEがアメリカで人気の理由は?Feel specialの大ヒットはなぜ?

 

TWICEのグローバル人気が尋常じゃないことになっています。

6月11日に発表した最新アルバム『Taste of Love』は、6月26日付けの米国ビルボードメインチャート“ビルボード200”で6位にチャートイン。歴代K-POPガールズグループが発売したミニアルバム史上、最高の成績を樹立しました!

彼女たちは熱いグローバル人気に後押しされ、アーティストの成績を総合的に集計して順位をつける、別のビルボードメインチャートである、“アーティスト100”でも、9位に堂々と名を連ねています。これは、2020年12月にこのチャートで記録した73位よりも、64ランクも上昇した自己最高順位で、著しい成長を見せつけた結果となりましたね。

さらに、ニューアルバムとタイトル曲『Alcohol-Free』で、“トップアルバムセールス”、“トップカレントアルバムセールス”、“ワールドアルバム”のチャート1位を獲得し、“ワールドデジタルソングセールス”3位などをはじめとする、ビルボードチャート計11部門でランキングし、“K-POP代表ガールズグループ”の目覚ましい存在感を放っています。

米国シカゴに基盤を置く、世界的な音楽専門オンラインマガジン『Pitchfork(ピッチフォーク)』は最近、TWICEのアルバム『Taste of Love』にK-POPグループ基準で最高評点である7.3点を付けてくれました!

同誌は「TWICEは、アルバムごとに音楽的な変化と成長を遂げ、自らの価値を高めている。今回のアルバムは、K-POP最高の夏のアルバムの一つだ」と絶賛!

実績や現地情報誌の評価がアメリカ人気を物語っていますね。

ただ、人気になったのには理由があります。

次で紹介していきます!

 

TWICEがアメリカで人気が出たきっかけは?

 

デビュー6年目、日本をはじめ、アジアでの人気は間違いないことですが、今回の快挙により、欧米にも想像を超えた”隠れファン”が存在していたことがわかっています。

実はTWICE、アメリカでわずかな時間に知名度を上げた、決定的な出来事があったと言われています!

 

それは昨年11月のこと、大統領選によりその熱気がヒートアップしていたさなかに起きました。

11月6日、当時大統領候補者であったジョー・バイデン氏と、前大統領のドナルド・トランプ氏が接戦を繰り広げていたジョージア州で、バイデン候補が逆転勝利を収めました。

バイデン候補の支持者たちは、喜びを分かちあいながら、SNSやYoutubeなどで勝利の吉報を共有していたのですが、ある支持者が作った映像が支持者たちの間で話題となり、全米に拡散されました。

その映像のBGMとして使われていた曲が、まさにTWICEの『Feel Special』。

 

TWICEがアメリカで人気の理由は?Feel specialの大ヒットはなぜ?

昨年、韓国メディアがTWICEの『Feel Special』について報じた(画像出典:SBS 뉴스 YouTubeキャプチャー)

 

これ以降『Feel Special』は、バイデン候補の”勝利の歌”として定着、バイデン候補を支持していたポップスター、レディー・ガガの『Feel Special』に合わせて陽気に踊る映像も話題になり、更に人気を高めました。

バイデン氏の支持者たちは、オンラインコミュニティーに集い「この曲がアメリカの歴史を変えた!」「アメリカの新しい国歌にしよう」と大絶賛するなど、熱い反応が絶えなかった。なんて話もあります!

 

こうしてTWICEのアメリカ人気が爆発的に飛躍しました!

更なる快進撃に期待ですね。

ちなみに私、Feel specialを聞くと泣きそうになります。

ミナのためも含めて制作された曲だけあって、つらいときに聞くとまじで泣ける!

まだ聞いたことない方(ここまで読んでいる方はonceだから聞いてますよね)はぜひ!

 

TWICEがアメリカで人気の理由は?Feel specialの大ヒットはなぜ? まとめ

 

以上、今回は「TWICEがアメリカで人気の理由は?Feel specialの大ヒットはなぜ?」についてまとめてみました。

 

これから、TWICE人気は次のフェーズにいきますね。

世界的人気が増してきそう!

BTSに追いつけ、追い越せ~~!

 

しかし、TWICEにはこんなうわさも。

 

こんな記事もおススメです!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事